可憐の語源・由来

可憐の「憐」の漢字には、「あわれむ」「惜しむ」「気の毒に思う」「不憫に思う」の意味がある。
漢詩文では、「可憐」を「あわれむべし」と訓読して用いていた。
これを音読して形容動詞としたのが「かれん」で、あわれむべき対象を「愛らしい」とするのは、「可愛い」「可愛らしい」などと同様の表現である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スリの語源・由来

  2. 備長炭の意味・類語・言い換え

  3. 玄米の栄養基礎知識

  4. 実の語源・由来

  5. 持丸の意味・類語・言い換え

  6. 日めくりカレンダーの意味・別名・類語

  7. むなしいの語源・由来

  8. ウスターソースの意味・別名・類語

  9. ケショウヤナギの意味・別名・類語

  10. 渡りに船の意味・類語・言い換え

  1. ファイナンスの意味・類語・言い換え

  2. 本巣市の意味・シンボル

  3. ビスケットの語源・由来

  4. 釣瓶鮨の語源・由来

  5. キジの語源・由来

  6. 図々しいの語源・由来

  7. 3月の意味・異名・類語

  8. 「烏」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. ひつまぶしの意味・別名・類語

  10. 函館市の意味・シンボル

人気記事

  1. 南の語源・由来

  2. あたりめの語源・由来

  3. ズベ公の語源・由来

  4. 「大トロ」「中トロ」「赤身」の違い

  5. 青田売りの語源・由来

  6. いにしえの語源・由来

  7. 株式の語源・由来

TOP