可憐の語源・由来

可憐の「憐」の漢字には、「あわれむ」「惜しむ」「気の毒に思う」「不憫に思う」の意味がある。
漢詩文では、「可憐」を「あわれむべし」と訓読して用いていた。
これを音読して形容動詞としたのが「かれん」で、あわれむべき対象を「愛らしい」とするのは、「可愛い」「可愛らしい」などと同様の表現である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. バレンシアオレンジとネーブルオレンジの違い

  2. 業を煮やすの語源・由来

  3. 真面目の語源・由来

  4. 文明の意味・類語・言い換え

  5. 広島県の語源・由来

  6. おけら参りの意味・類語・言い換え

  7. 変わると代わると替わると換わるの違い・使い分け

  8. 方法の意味・類語・言い換え

  9. 2月の意味・類語・言い換え

  10. ぶっきらぼうの意味・類語・言い換え

  1. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  2. 津波の語源・由来

  3. 己亥の意味・類語・言い換え

  4. 銀の意味・類語・言い換え

  5. 返ると帰ると還るの違い・使い分け

  6. 麦雨の意味・類語・言い換え

  7. ぼんくらの語源・由来

  8. おでんの語源・由来

  9. 板につくの語源・由来

  10. 雪の語源・由来

人気記事

  1. 目的と目標の違い・使い分け

  2. 追求と追及と追究の違い・使い分け

  3. うなぎとあなごの違い

  4. 関東と関東地方と首都圏と東京圏の違い

  5. 傷と怪我の違い

  6. 野菜と蔬菜の違い

  7. ふらふらとぶらぶらとぷらぷらの違い・使い分け

TOP