可憐の語源・由来

可憐の「憐」の漢字には、「あわれむ」「惜しむ」「気の毒に思う」「不憫に思う」の意味がある。
漢詩文では、「可憐」を「あわれむべし」と訓読して用いていた。
これを音読して形容動詞としたのが「かれん」で、あわれむべき対象を「愛らしい」とするのは、「可愛い」「可愛らしい」などと同様の表現である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 鯛の種類

  2. ずんだ餅の意味・別名・類語

  3. ふてぶてしいの語源・由来

  4. 尾籠の語源・由来

  5. 赤村の語源・由来

  6. メークインの語源・由来

  7. 奢りの意味・類語・言い換え

  8. タピオカの語源・由来

  9. イトヤナギの語源・由来

  10. とっくにの語源・由来

  1. 酉の意味・類語・言い換え

  2. 未の意味・類語・言い換え

  3. 給与の意味・類語・言い換え

  4. アヒージョの意味・類語・言い換え

  5. てっちりの意味・類語・言い換え

  6. オオカミの種類

  7. 「暑い」と「熱い」の違い

  8. 止水の意味

  9. ウインナーの栄養基礎知識

  10. 除夜の鐘の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 狛犬の語源・由来

  2. 魚沼市の語源・由来

  3. セツブンソウの語源・由来

  4. 銀行の語源・由来

  5. 「居眠り」と「うたた寝」の違い

  6. 「パフェ」と「サンデー」の違い

  7. 顔の語源・由来

TOP