血で血を洗うの語源・由来

血で血を洗うと、ますます汚れるところから、暴力に対して暴力、殺傷に対して殺傷で報復することを意味する。
この「血」を「血縁」の意味と解釈し、のちに、血族同士で争うことのたとえとしても用いるようになった。

血で血を洗うは、『旧唐書―源休伝』の話に出てくる、ウイグル族の王の言葉に由来する。
8世紀、中国の唐王朝がウイグル族と争いになり、ウイグルの王の叔父を殺してしまった。
唐の使者 源休が、その遺体を王のもとへ届けたところ、王は「私がお前を殺すのは、血を以て血を洗うようなもので、ますます汚れがひどくなるだけだ」と言って、源休を殺さずに帰らせた。

出典:血で血を洗う – 語源由来辞典

血を洗うために血を用いれば、ますます汚れるということ。
もともとは、暴力に対して暴力、悪事に対して悪事で仇討ちするなど、残虐な手段で報復することにいった。
後に「血」を「血縁」という意味として、血縁者同士の争うことにもいうようになった。
『旧唐書・源休伝』に「可汗休に謂わしめて曰く、汝が国すでに突董等を殺す。吾また汝を殺さば、猶血を以て血を洗うがごとく、汗益甚だしきのみ(ウイグルの王は源休にこう伝えた、おまえの国ではすでに私のおじの突董を殺した。私がおまえを殺せば、また血をもって血を洗うかのようにますます汚れてしまう)」とある。

出典:故事ことわざ辞典

こちらもオススメ

TOP