血で血を洗うの語源・由来

血で血を洗うと、ますます汚れるところから、暴力に対して暴力、殺傷に対して殺傷で報復することを意味する。
この「血」を「血縁」の意味と解釈し、のちに、血族同士で争うことのたとえとしても用いるようになった。

血で血を洗うは、『旧唐書―源休伝』の話に出てくる、ウイグル族の王の言葉に由来する。
8世紀、中国の唐王朝がウイグル族と争いになり、ウイグルの王の叔父を殺してしまった。
唐の使者 源休が、その遺体を王のもとへ届けたところ、王は「私がお前を殺すのは、血を以て血を洗うようなもので、ますます汚れがひどくなるだけだ」と言って、源休を殺さずに帰らせた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ミーハーの意味・類語・言い換え

  2. イルカの語源・由来

  3. 上前をはねるの語源・由来

  4. スーパーマーケットの語源・由来

  5. 御の字の語源・由来

  6. 梨園の語源・由来

  7. すだちの意味・別名・類語

  8. 自然体の語源・由来

  9. オムレツの意味・類語・言い換え

  10. 二の舞の語源・由来

  1. 人見知りの語源・由来

  2. 2月29日に生まれた人はいつ歳を取るか

  3. 柳の語源・由来

  4. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い

  5. 体の意味・類語・言い換え

  6. コロナの語源・由来

  7. フラミンゴの種類

  8. 猖獗を極めるの意味・類語・言い換え

  9. バナナの語源・由来

  10. 菜盛花の語源・由来

人気記事

  1. 大正海老の語源・由来

  2. 「会話」「談話」「対話」の違い

  3. 西尾市の語源・由来

  4. のべつ幕なしの語源・由来

  5. 「遵守」と「順守」の違い

  6. 「留意」「注意」「用心」の違い

  7. 総領の甚六の語源・由来

TOP