やぶへびの語源・由来

やぶへびは、「藪をつついて(たたいて)蛇を出す」を略した言葉。
わざわざ藪をつついて蛇を出し、その蛇に噛まれる愚かさから、不必要なことをしたために、面倒を引き起こすことをいう。
「藪をつついて蛇を出す」や「藪をたたいて蛇を出す」は1800年代に多く見られ、「藪蛇」と略された形での使用は、内田魯庵の『社会百面相』(1902年)の「生中交渉するだけ却て藪蛇となりては馬鹿馬鹿しく存じ候」が古い。
現代では、ほぼ「藪蛇」や「藪蛇になる」の形で用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. パクチーの意味・別名・類語

  2. 唯々諾々の語源・由来

  3. 豆助の意味・類語・言い換え

  4. 韋駄天の語源・由来

  5. ホルモンの語源・由来

  6. 第二人称の意味・類語・言い換え

  7. こたつの語源・由来

  8. 夏の語源・由来

  9. 仮名の語源・由来

  10. うなぎ丼の意味・別名・類語

  1. 市川市の語源・由来

  2. 貴様の意味・類語・言い換え

  3. 懺悔の語源・由来

  4. 虎の巻の意味・類語・言い換え

  5. ゴシップの意味・類語・言い換え

  6. あんころ餅の意味・類語・言い換え

  7. 今際の際の語源・由来

  8. あんぽんたんの語源・由来

  9. アパートの意味・類語・言い換え

  10. パラリンピックの語源・由来

人気記事

  1. 番茶の栄養基礎知識

  2. 華氏の語源・由来

  3. クレヨンの語源・由来

  4. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」の違い

  5. カフェオレの語源・由来

  6. クラリセージの語源・由来

  7. 色の語源・由来

TOP