模造紙の語源・由来

模造紙は、局紙を模造した洋紙が元になっているものである。
局紙とは、明治元年に大蔵省印刷局で抄造(製造)された三椏(ミツマタ)が原料の和紙のこと。
この局紙がヨーロッパへ輸出され、オーストリアの製紙会社が亜硫酸パルプを原料に模造した紙を造り、「Simili Japanese vellum(日本の上質皮紙を模造した紙)」と呼んだ。
この紙が日本に逆輸入され、1913年に九州製紙が改良を加えて国産化したことから、この紙は「模造紙」と呼ばれるようになった。
つまり、局紙を模造した紙を更に模造したものが、「模造紙」ということである。
模造紙は、愛知県・岐阜県では「B紙(ビーし)」、富山県で「雁皮(がんぴ)」、愛媛県・香川県・沖縄県で「鳥の子洋紙」など、地域によって様々な名前で呼ばれており、「模造紙」では通じない地域もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 結構の語源・由来

  2. 桎梏の語源・由来

  3. 火中の栗を拾うの語源・由来

  4. 宮崎県の市町村名一覧

  5. ダサいの意味・類語・言い換え

  6. 真似の語源・由来

  7. 厚沢部町の意味・シンボル

  8. ゼニガメの語源・由来

  9. しその栄養基礎知識

  10. 魚の語源・由来

  1. 弟の語源・由来

  2. 左うちわの語源・由来

  3. おつむの語源・由来

  4. いにしえの意味・類語・言い換え

  5. メロンの栄養基礎知識

  6. ザクロの栄養基礎知識

  7. 白河夜船の意味・類語・言い換え

  8. ルーキーの語源・由来

  9. イチョウの意味・別名・類語

  10. 刺身とお造りとあらいとたたきの違い

人気記事

  1. やきとりと焼き鳥の違い

  2. タールとニコチンの違い

  3. 「せわしい」と「せわしない」が同じ意味になる理由

  4. 一般職と総合職の違い

  5. 共同と協同と協働の違い・使い分け

  6. 着物と浴衣の違い

  7. 卓球とピンポンの違い

TOP