金魚の語源・由来

『大草殿より相伝聞書』に「金魚とは口の黄なる鯉の事にて候」とあり、これを基に「黄の魚」が「黄ん魚」となり「金魚」に転じたとする説もあるが、光り輝く鱗を「金」と表現したと考えるのが自然である。
金魚は文亀2年(1502年)に中国から現在の大阪府堺市に渡来したもので、原産地の中国では1世紀頃から「金魚(チンユウイ)」と呼ばれている。
また、金魚の学名「Carassius auratus」は「黄金色の魚」の意味で、英語でも「goldfish(ゴールドフィッシュ)」、韓国語でも「金魚(キムポン)」という。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 埼玉県の語源・由来

  2. ちんちくりんの語源・由来

  3. おっちょこちょいの語源・由来

  4. ジレンマの語源・由来

  5. 関市の語源・由来

  6. カビの語源・由来

  7. 寒天の種類

  8. オーラの語源・由来

  9. ずんだの意味・別名・類語

  10. モンブラン(山)の意味・別名・類語

  1. オウバイの語源・由来

  2. 渇愛の意味

  3. 虎の尾を踏むの意味・類語・言い換え

  4. 華甲の語源・由来

  5. おめおめの語源・由来

  6. ホルモンの語源・由来

  7. クラシックの語源・由来

  8. 料理中に出てくるアクとは?取り除かないといけないの?

  9. 香水の意味・類語・言い換え

  10. ブリの意味・別名・類語

人気記事

  1. 「節約」と「倹約」の違い

  2. 領袖の語源・由来

  3. プレハブの語源・由来

  4. 甲府市の語源・由来

  5. コリーの語源・由来

  6. さくらんぼの栄養基礎知識

  7. ウルメイワシの語源・由来

TOP