じゃじゃ馬の語源・由来

じゃじゃ馬の「じゃじゃ」は、「嫌じゃ嫌じゃ」の略とする俗説もあるが、やかましい虫の鳴き声や、うるさい声を表す擬声語の「じやじや」が変化した語である。
うるさく、わがままを言うことを「じゃじゃを言う」や「じゃじゃ張る」と言った。
そこから人に慣れない暴れ馬を「じゃじゃ馬」と言うようになり、それを比喩的に人間にも用い、人の言うことを聞かず、好き勝手に振る舞う人も表すようになった。
「じゃじゃ馬」が主に女性に対して用いる言葉となったのは、坪内逍遥がシェイクスピアの『The Taming of the Shrew』を「じゃじゃ馬ならし」と訳したことで、この語が流行したためと考えられている。
「じゃじゃ」は「邪邪」と漢字表記されることもあるが、当て字なので漢字に語源を求めることは意味がない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 怖いの語源・由来

  2. 烏口の語源・由来

  3. 鹿児島県の市町村名一覧

  4. マグニチュードの意味・類語・言い換え

  5. オボコの語源・由来

  6. コケモモの語源・由来

  7. 山の神の語源・由来

  8. クリスマスイブの意味・類語・言い換え

  9. 能書きの語源・由来

  10. 鮭の意味・別名・類語

  1. あどけないの語源・由来

  2. コンプライアンスの意味・類語・言い換え

  3. チャンジャとは?じつは貝ではない!

  4. 鑑賞の意味・類語・言い換え

  5. 矍鑠の意味・類語・言い換え

  6. カーキ色の語源・由来

  7. さつまいもの栄養基礎知識

  8. サボるの語源・由来

  9. おこがましいの語源・由来

  10. 矢も盾もたまらないの語源・由来

人気記事

  1. したり顔の語源・由来

  2. アザラシの語源・由来

  3. 「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の違い

  4. カラスボーイの語源・由来

  5. 愛川町の語源・由来

  6. 一味の語源・由来

  7. つくば市の語源・由来

TOP