じゃじゃ馬の語源・由来

じゃじゃ馬の「じゃじゃ」は、「嫌じゃ嫌じゃ」の略とする俗説もあるが、やかましい虫の鳴き声や、うるさい声を表す擬声語の「じやじや」が変化した語である。
うるさく、わがままを言うことを「じゃじゃを言う」や「じゃじゃ張る」と言った。
そこから人に慣れない暴れ馬を「じゃじゃ馬」と言うようになり、それを比喩的に人間にも用い、人の言うことを聞かず、好き勝手に振る舞う人も表すようになった。
「じゃじゃ馬」が主に女性に対して用いる言葉となったのは、坪内逍遥がシェイクスピアの『The Taming of the Shrew』を「じゃじゃ馬ならし」と訳したことで、この語が流行したためと考えられている。
「じゃじゃ」は「邪邪」と漢字表記されることもあるが、当て字なので漢字に語源を求めることは意味がない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 安全第一の続きと由来

  2. ギターの語源・由来

  3. ジンベイザメの語源・由来

  4. かたきの意味・類語・言い換え

  5. ナズナの語源・由来

  6. かわやの語源・由来

  7. ボウリングのピンが9本から10本になった理由

  8. 油を売るの意味・類語・言い換え

  9. マタタビの語源・由来

  10. フラミンゴの種類

  1. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  2. 五月雨月の意味・類語・言い換え

  3. 仲夏の意味・類語・言い換え

  4. ピカイチの語源・由来

  5. セダンの種類

  6. ルイボスの語源・由来

  7. ただいまの語源・由来

  8. ウォーキングとジョギングとランニングの違い

  9. サンタクロースの語源・由来

  10. 濡れ縁の語源・由来

人気記事

  1. 感心と関心の違い・使い分け

  2. 初夏と立夏と孟夏の違い

  3. 行政書士と司法書士の違い

  4. なぜ「虹」は虫偏なのか

  5. 膝裏のくぼんだ部分の名前

  6. 凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)の違い

  7. 会話と談話と対話の違い

TOP