自然の語源・由来

¥自然の「自」は「おのずから」「みずから」の意味、「然」は「そのとおり」「そうである」の意味で、自然は本来のままであることを意味する。
そこから、海・山・川・雨・風・水・土・石・木・草などの外界や環境、そのものに本来備わっている性質、わざとらしくないさまなどを意味するようになった。
自然の読みには「しぜん」と「じねん」があるが、古代、漢籍では「しぜん」、仏典では「じねん」と発音され、中世に入ると「しぜん」は「もしも」、「じねん」は「ひとりでに」の意味というように、発音の違いにより意味が使い分けられていた。
中世に「天然」の類義語としては、「しぜん」が使われていた。
「自然」と「天然」は、昔の方が意味や用法の違いが区別がされておらず、現代では「自然淘汰」としか言わないが、明治30年代頃までは「天然淘汰」の語も用いられていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. カモシカの語源・由来

  2. シソーラスの意味・類語・言い換え

  3. 成金の語源・由来

  4. 男前の語源・由来

  5. サイダーの語源・由来

  6. 「色」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 伊豆市の語源・由来

  8. 大和市の語源・由来

  9. 松戸市の意味・シンボル

  10. 桑の種類

  1. 紅葉狩りの意味・類語・言い換え

  2. Julyの意味・異名・類語

  3. 岐阜市の語源・由来

  4. マーガリンの語源・由来

  5. インセンティブの意味・類語・言い換え

  6. ホオズキの語源・由来

  7. 甲斐の意味・類語・言い換え

  8. 相違の意味・類語・言い換え

  9. ヒツジの種類

  10. 箱入り娘の語源・由来

人気記事

  1. フォアグラの語源・由来

  2. 「問題」と「課題」の違い

  3. サラダ菜の栄養基礎知識

  4. 水無月の語源・由来

  5. ハマユウの語源・由来

  6. 天下りの語源・由来

  7. 「オセロ」と「リバーシ」の違い

TOP