自然の語源・由来

¥自然の「自」は「おのずから」「みずから」の意味、「然」は「そのとおり」「そうである」の意味で、自然は本来のままであることを意味する。
そこから、海・山・川・雨・風・水・土・石・木・草などの外界や環境、そのものに本来備わっている性質、わざとらしくないさまなどを意味するようになった。
自然の読みには「しぜん」と「じねん」があるが、古代、漢籍では「しぜん」、仏典では「じねん」と発音され、中世に入ると「しぜん」は「もしも」、「じねん」は「ひとりでに」の意味というように、発音の違いにより意味が使い分けられていた。
中世に「天然」の類義語としては、「しぜん」が使われていた。
「自然」と「天然」は、昔の方が意味や用法の違いが区別がされておらず、現代では「自然淘汰」としか言わないが、明治30年代頃までは「天然淘汰」の語も用いられていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 求肥の語源・由来

  2. 御曹司の語源・由来

  3. だるまの語源・由来

  4. 飛竜頭の語源・由来

  5. 嫁の語源・由来

  6. はしかの語源・由来

  7. ブラジャーの語源・由来

  8. マルチーズの語源・由来

  9. 硯の語源・由来

  10. ロボットの語源・由来

  1. あっぱれの語源・由来

  2. スイートルームの意味・類語・言い換え

  3. ドヤ顔の語源・由来

  4. メリヤスの語源・由来

  5. かけがえのないの語源・由来

  6. ハムスターの種類

  7. 鍋の語源・由来

  8. 繭の意味

  9. サイレンの語源・由来

  10. ゴールドの語源・由来

人気記事

  1. 香水とオーデコロンとオードトワレとオードパルファムとパルファムの違い

  2. 邦人と日本人の違いの違い・使い分け

  3. パンプスとハイヒールの違い

  4. 発達と発展と進展と進歩と向上の違い・使い分け

  5. 降雪と積雪と着雪の違い

  6. 野菜と果物の違い

  7. HIVとエイズの違い

TOP