堺市の語源・由来

堺の地名は、永保元年(1081年)に「堺辺」で見える。
堺の由来は、摂津・河内・和泉の3国の境界に位置することから付いたといわれる。
その他、傾斜地を表す「サカ(坂)」に、接尾語の「ヘ」、もしくは「ヘ(辺)」が付いた「サカヘ」が転じたとする説もある。

出典:語源由来辞典

TOP