岩手県の語源・由来

岩手の地名は、「岩手山」にちなんだ名。
山名の「岩手山」は溶岩流によって岩の押し出した所の意味で、「岩(いわ)」「出(いで)」が転じたと考えられる。
岩手には羅刹鬼(らせつき)という悪事をはたらく鬼がおり、里人が「三ツ石様」と呼ばれる神様にお願いしたところ、三ツ石様は鬼を捕らえ、二度と悪事をしない印として岩に手形を押させたことから、「岩手」と呼ぶようになったという伝説がある。
これは地名の由来ではなく伝説だが、岩手山の噴火を恐れて神に祈ったことから生まれたものと思われる。

出典:語源由来辞典

TOP