大分県の語源・由来

大分の地名は、古く「碩田(おほきだ)国」の名で見え、その後『豊後国風土記』に「大分郡」と見られることから、「おほきだ」が転じて「おおおた」になったと考えられる。
『豊後国風土記』では、景行天皇が訪れた際「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国と名づくべし。」と言ったとして土地の広大さに由来する説や、大分平野は広大で開かれた土地とは言い難いため「多き田」から転じたとする説がある。
しかし、「碩田」も「おほきだ」に対する当て字と考えられているため、「おほ」は「大きい」もしくは接頭語、「きだ」は「刻む」という意味で「刻まれた地形」を表し、大分川によって刻まれた河岸段丘のことと思われる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

  2. 牡蠣の種類

  3. おめおめの語源・由来

  4. シンセサイザーの語源・由来

  5. 幸運月の意味・類語・言い換え

  6. 合鴨の意味・別名・類語

  7. 絶体絶命の意味・類語・言い換え

  8. 観光の語源・由来

  9. カシの意味・別名・類語

  10. イチョウの意味・別名・類語

  1. バジルの栄養基礎知識

  2. 茶碗の語源・由来

  3. としよりの日の意味・類語・言い換え

  4. とんでもないの意味・類語・言い換え

  5. 万能の意味・類語・言い換え

  6. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い

  7. 帽子の語源・由来

  8. 江東区の意味・シンボル

  9. 目黒区の語源・由来

  10. 煎茶の栄養基礎知識

人気記事

  1. 春の語源・由来

  2. 口コミの語源・由来

  3. 鳥取県の語源・由来

  4. 村八分の語源・由来

  5. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」の違い

  6. 「改定」と「改訂」の違い

  7. 万事休すの語源・由来

TOP