ほうれん草の語源・由来

ほうれん草は、江戸時代初期に中国から渡来したもので、名前も中国名に由来する。
中国ではほうれん草を「菠薐」と称し、「ポーレン」や「ホリン」のような発音であるため、日本では「ほうれん」となり、「草」がついて「ほうれん草」になった。
中国名の「菠薐」は、西城の「頗稜国」からこの野菜が渡来したことに由来し、「頗稜国」はネパールかペルシアを指していたといわれる。
つまり、ほうれん草は「ネパール(ペルシア)の草」が語源といえる。
漢字の「菠薐草」は上記のとおりで、「法蓮草」の表記は音からの当て字である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 千葉市の語源・由来

  2. 祭りの語源・由来

  3. ザリガニの語源・由来

  4. 赤の語源・由来

  5. 泣いて馬謖を斬るの語源・由来

  6. 濡れ衣の語源・由来

  7. 越えると超えるの違い・使い分け

  8. アルマジロの語源・由来

  9. ホルモン(Hormon)の語源・由来

  10. ごまの語源・由来

  1. 千鳥の意味・類語・言い換え

  2. 勿怪の幸いの語源・由来

  3. 鮭の意味・別名・類語

  4. 椅子の語源・由来

  5. オジギソウの語源・由来

  6. ハトの語源・由来

  7. シジュウカラの種類

  8. 以下と未満の違い・使い分け

  9. 七五三の意味・別名・類語

  10. 他力本願の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ミュールとサンダルとパンプスの違い

  2. 文と文章と文書の違い

  3. 欲張りと貪欲と強欲の違い

  4. テロとゲリラとクーデターの違い

  5. 出生地(生まれ)と出身地と地元と故郷の違い・使い分け

  6. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  7. 「臭い」という漢字の由来

TOP