寝ると眠るの違い


寝るは眠りにつくことを意味し、寝るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寝てしまった」というのは間違いで、「立ったまま眠ってしまった」というのが正しい。
寝ると眠るは重点の置かれるポイントに違いがあり、対義語と合わせて考えるとわかりやすい。

寝たまま本を読んだり、テレビを見たりすることは出来るが、眠った状態では出来ないように、寝ているからといって睡眠状態にあるとは限らない。
寝るの重点は、体を横たえるという体勢にあり、対義語は「起きる」である。

死ぬことを「眠る」とは言っても「寝る」とは言わないように、眠るの重点は、目をつぶること、目を閉じて無意識の状態になること、活動が停止した状態にあるというところで、対義語は「覚める」である。

本来は、体を横たえることが「寝る」、睡眠状態にあることが「眠る」であるが、眠るためには体を横たえるわけであり、体を横にして休ませていれば眠ってしまうという関係にあるため、寝るも「睡眠」を表すようになった。
これは、最近の言葉の乱れではなく、平安時代から同義語として用いられているものである。


今見られている記事 ランダム
  1. ベースボールの意味

  2. ジーンズの語源・由来

  3. おちょこの底にある青い二重丸の名称と役割

  4. 風邪の語源・由来

  5. 億万長者の意味・類語・言い換え

  6. 鰻の日の意味・類語・言い換え

  7. 鉢合わせの語源・由来

  8. クラシックの語源・由来

  9. ウグイスの語源・由来

  10. 温州みかんの語源・由来

  1. 馬耳東風の意味・類語・言い換え

  2. 精子の数え方

  3. こんにちはの語源・由来

  4. マイナーリーグ

  5. 古本と古書の違い

  6. 香蕉の意味・別名・類語

  7. 噴飯ものの意味・類語・言い換え

  8. ほめるの意味・類語・言い換え

  9. 僥倖の意味・類語・言い換え

  10. 賽銭の語源・由来

人気記事

  1. 発達と発展と進展と進歩と向上の違い・使い分け

  2. 台風の大型・超大型・強い・非常に強い・猛烈の違い・呼び分け方

  3. 三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

  4. 聖歌と讃美歌の違い

  5. 温泉や銭湯で頭にタオルを乗せる理由

  6. 一人と独りの違い・使い分け

  7. 時期と時季と時機の違い・使い分け

TOP