放題の語源・由来

放題は元々「傍題」と書き、和歌・連歌・俳諧などで、主題から離れたものを対象に詠むことをいったことこから、本題からはずれて勝手きままに行う意味が生じた。
「傍」が漢音では「ハウ(ホウ)」のため「放」と混用したのか、近世初期頃には「傍題」が「放題」と書かれるようになった。
古くから現代と同じ用法で使われた例も多いが、その他に、礼儀正しくないことや下品なことの意味で「放題」を用いたり、「あなたの望み通りに」という意味で「そなた放題」と用いた例も見られる。

出典:語源由来辞典

TOP