浮き足立つの語源・由来

浮き足立つの「浮き足」は、かかとが地についていない爪先立ちのこと。
この状態で立つと不安定なことから、落ち着かない態度や逃げ出しそうになることを「浮き足」と言うようになった。
爪先立ちの状態をいう「浮き足」は室町時代から見られ、不安で落ち着かない様子や状態を意味するようになったのは、江戸時代後期からである。
現代では「浮き足」を単独で使うことは少なく、「浮き足立つ」や「浮き足になる」の使用が多い。

近年、地に足がついていない状態のイメージから、浮き足立つを「ウキウキして落ち着かなくなる」といった意味で誤用されるようになり、現在ではこの意味で使用する人の方が多くなっている。
ウキウキして落ち着かない状態を表す場合は、「浮き立つ」と言うのが正しい。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. えんがわ(魚)の語源・由来

  2. 類語辞典の意味・類語・言い換え

  3. ハッスルの語源・由来

  4. ぐっすり眠るの意味・類語・言い換え

  5. 鹿児島市の意味・シンボル

  6. きな臭いの語源・由来

  7. 儲かるの意味・類語・言い換え

  8. 貴様の語源・由来

  9. ミーちゃんハーちゃんの意味・類語・言い換え

  10. ホルモンの語源・由来

  1. ひねるとねじるとよじるの違い・使い分け

  2. 将棋の語源・由来

  3. 快適の意味・類語・言い換え

  4. シンガーの意味・類語・言い換え

  5. 差し金の語源・由来

  6. 宮崎県の市町村名一覧

  7. 羊羹の語源・由来

  8. ピーナッツの栄養基礎知識

  9. 居丈高の語源・由来

  10. 福井県の市町名一覧

人気記事

  1. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  2. 生かすと活かすの違い・使い分け

  3. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  4. ダンクシュートのダンクの意味

  5. 辞典と事典と字典の違い

  6. 空と宇宙の境界はどこか

  7. せんべいとあられとおかきの違い

TOP