覚えるの語源・由来

覚えるの古語は「おぼゆ」。
「おぼゆ」は、「おもふ(思ふ)」に自発・可能の助動詞「ゆ」が付いた「おもほゆ」が縮まった語で、本来は「自然とそのことが頭に浮かぶ」という意味で使われた。
「恐怖を覚える」「眠気を覚える」などの用法がこれにあたる。
そこから、覚えるは「自ら積極的に思い浮かべる」という意味で用いられるようになり、「記憶する」「習得する」といった意味を持つようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. なぞなぞの語源・由来

  2. 「着物」と「浴衣」の違い

  3. 秋波の語源・由来

  4. 紳士の語源・由来

  5. 柿の語源・由来

  6. エンスーの語源・由来

  7. たわしの語源・由来

  8. しつけの意味・類語・言い換え

  9. 奈良市の意味・シンボル

  10. 判をつくの意味・類語・言い換え

  1. 戌の意味・類語・言い換え

  2. てこずるの意味・類語・言い換え

  3. 松戸市の意味・シンボル

  4. スミイカの意味・別名・類語

  5. 手玉に取るの語源・由来

  6. 渇愛の意味

  7. 弱冠の意味・類語・言い換え

  8. おもての語源・由来

  9. 李下に冠を正さずの語源・由来

  10. 西尾市の意味・別名・シンボル

人気記事

  1. メジロの語源・由来

  2. 「神父」と「牧師」の違い

  3. こましゃくれるの語源・由来

  4. 踏ん切りの語源・由来

  5. 「薬局」「薬店」「ドラッグストア」の違い

  6. いびつの語源・由来

  7. 諏訪市の語源・由来

TOP