パピヨン(犬)の語源・由来

パピヨン(papillon)は、フランス語で「蝶」の意味。
パピヨンの耳の形が、蝶が翅を広げたようなところからの名前だが、元々、蝶のような形をしていたわけではない。
ブルボン朝時代までのパピヨンは、垂れ耳のものが多く、飾りのある尾がリスのように巻いていることから、「スクウィール・スパニエル(スクウィールは「リス」の意味)」と呼ばれていた。
その後、スピッツやチワワとの交配で品種改良され、立った耳になったことから、「パピヨン」と呼ばれるようになった。
現在、垂れ耳のものは、フランス語で「蛾」を意味する「リファレン」と呼ばれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ビール腹の意味・類語・言い換え

  2. 「おむつ」と「おしめ」の違い

  3. 占いの語源・由来

  4. シュモクザメの種類

  5. イカの種類

  6. クールビズの語源・由来

  7. エニシダの語源・由来

  8. 人の語源・由来

  9. 他力本願の語源・由来

  10. 無駄の意味・類語・言い換え

  1. 関西の意味・類語・言い換え

  2. モノレールの意味・別名・類語

  3. 青果店の意味・類語・言い換え

  4. 割れ鍋に綴じ蓋の語源・由来

  5. コスモス(宇宙)の意味・類語・言い換え

  6. 鬼籍の意味・類語・言い換え

  7. さびしい(さみしい)の語源・由来

  8. ボブスレーの語源・由来

  9. 卒寿の意味・類語・言い換え

  10. ペパーミントの意味・別名・類語

人気記事

  1. 「ジュゴン」と「マナティ」の違い

  2. 夜なべの語源・由来

  3. 青二才の語源・由来

  4. 「うなぎ」と「あなご」の違い

  5. 顛末の語源・由来

  6. にわかの語源・由来

  7. 大八車の語源・由来

TOP