犬の語源・由来

犬は縄文時代から家畜化されており、自然界の言葉と同じく基礎語にあたる。
そのため、犬の語源は以下の他にも多くの説があり、特定は難しい。

1.「イ」は「イヘ(家)」の意味で、「ヌ」は助詞。
2.「イヌ(寝ぬ)」の意味や、「家で寝る」の意味で「イヌル」の下略。
3.すぐに立ち去ってしまうことから、「イヌ(往ぬ・去ぬ)」。
4.「唸る(うなる)」の古語「イナル」の語幹「イナ」の転。
5.他の動物と同様に、また、「犬」の字音が「クエンクエン」という鳴き声から「ケン」であるように、鳴き声が語源で「ワンワン」や「キャンキャン」が転じたもの。

江戸時代以前、犬の鳴き声は「ビヨビヨ」「ビョウビョウ」と表現されていたことを踏まえると、鳴き声を語源とするのは考え難いが、それ以前、泣き声がどう表現をされていたか不明であるため、完全に否定することはできない。
「狗」は子犬を表し、「エヌ」と呼ばれていた。
「イヌ(犬)」と「エヌ(子犬)」が正確に区別されていたとすれば、「イ」や「エ」が区別するための音で、「ヌ」に「犬」表す意味が含まれている可能性が高くなる。

漢字の「犬」は、イヌを表した象形文字。
「狗」は、「犬」と音符「句」からなる会意兼形声文字で、「句」は「小さくかがむ」の意味である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 牡蠣の栄養基礎知識

  2. オペラとオペレッタとミュージカルの違い

  3. クイズの語源・由来

  4. 合鴨の語源・由来

  5. ヤブ医者の語源・由来

  6. もんじゃ焼きの語源・由来

  7. 備長炭の語源・由来

  8. てこずるの語源・由来

  9. 自動車保険の意味・類語・言い換え

  10. いびつの語源・由来

  1. なすびの意味・別名・類語

  2. 群馬県の語源・由来

  3. 伊豆市の語源・由来

  4. かつらの意味・類語・言い換え

  5. ブナの意味・別名・類語

  6. ひやむぎの意味・別名・類語

  7. 内緒の語源・由来

  8. 卯の花月の意味・異名・類語

  9. 追求と追及と追究の違い・使い分け

  10. 伊勢海老の意味・別名・類語

人気記事

  1. ラムネとサイダーとソーダの違い

  2. デニムとジーンズとジーパンの違い

  3. 問題と課題の違い

  4. カフェと喫茶店の違い・使い分け

  5. オートミールを食べると下痢になる人もいる!食べないほうが良い?

  6. 仕事と職業と職の違い・使い分け

  7. 樽と桶の違い

TOP