犬の語源・由来

犬は縄文時代から家畜化されており、自然界の言葉と同じく基礎語にあたる。
そのため、犬の語源は以下の他にも多くの説があり、特定は難しい。

1.「イ」は「イヘ(家)」の意味で、「ヌ」は助詞。
2.「イヌ(寝ぬ)」の意味や、「家で寝る」の意味で「イヌル」の下略。
3.すぐに立ち去ってしまうことから、「イヌ(往ぬ・去ぬ)」。
4.「唸る(うなる)」の古語「イナル」の語幹「イナ」の転。
5.他の動物と同様に、また、「犬」の字音が「クエンクエン」という鳴き声から「ケン」であるように、鳴き声が語源で「ワンワン」や「キャンキャン」が転じたもの。

江戸時代以前、犬の鳴き声は「ビヨビヨ」「ビョウビョウ」と表現されていたことを踏まえると、鳴き声を語源とするのは考え難いが、それ以前、泣き声がどう表現をされていたか不明であるため、完全に否定することはできない。
「狗」は子犬を表し、「エヌ」と呼ばれていた。
「イヌ(犬)」と「エヌ(子犬)」が正確に区別されていたとすれば、「イ」や「エ」が区別するための音で、「ヌ」に「犬」表す意味が含まれている可能性が高くなる。

漢字の「犬」は、イヌを表した象形文字。
「狗」は、「犬」と音符「句」からなる会意兼形声文字で、「句」は「小さくかがむ」の意味である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スミレの種類

  2. スペアリブの語源・由来

  3. モズの意味・別名・類語

  4. キャラクターの意味・類語・言い換え

  5. 店屋物の意味・類語・言い換え

  6. 二番煎じの語源・由来

  7. 堂に入るの意味・類語・言い換え

  8. カンツォーネの語源・由来

  9. 大和市の意味・シンボル

  10. 酒の語源・由来

  1. ヒイラギモチの語源・由来

  2. 海千山千の語源・由来

  3. 糞(ふん)の語源・由来

  4. 「事実」と「真実」の違い

  5. 溜飲が下がるの意味・類語・言い換え

  6. ラベンダーの意味・別名・類語

  7. インディーズの語源・由来

  8. ボランティアの語源・由来

  9. ヤリイカの語源・由来

  10. ブスの語源・由来

人気記事

  1. クーデターの語源・由来

  2. 垢の語源・由来

  3. 惨めの語源・由来

  4. 「平和」と「和平」の違い

  5. 一世風靡の語源・由来

  6. 山彦の語源・由来

  7. マンゴーの栄養基礎知識

TOP