ふてくされるの語源・由来

ふてくされるの「ふて」は動詞「ふてる」で、漢字で「不貞」と書くのは当て字。
ふてるは、「すねる」「投げやりな行動に出る」「強情を張る」などを意味する言葉で、「ふてぶてしい」の「ふて」と同じく、「ふとい(太い)」の「ふと」からと考えられる。
ふてくされるの「くされる」は「腐る」で、「いばり腐る」「まじめ腐る」というように、相手の動作に対して軽蔑や罵りの気持ちを表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 無実の罪の意味・類語・言い換え

  2. カステラの語源・由来

  3. 咄嗟の意味・類語・言い換え

  4. トルコ石の語源・由来

  5. 核家族の意味・類語・言い換え

  6. ミミズの語源・由来

  7. 「御霊前」と「御仏前」の違い

  8. 棚から牡丹餅の意味・類語・言い換え

  9. ピーマンの語源・由来

  10. 幸せの意味・類語・言い換え

  1. 「腹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. ボラの語源・由来

  3. 静岡県の市区町名一覧

  4. 濡れ手で粟の意味・類語・言い換え

  5. 丑の意味・類語・言い換え

  6. 三社参りの意味・類語・言い換え

  7. ワクワクの意味・類語・言い換え

  8. ミリオネアの意味・類語・言い換え

  9. カレイの語源・由来

  10. ゆり根の栄養基礎知識

人気記事

  1. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」の違い

  2. ぼんぼりの語源・由来

  3. 「トナカイ」と「カリブー」の違い

  4. へっぴり腰の語源・由来

  5. 半畳を入れるの語源・由来

  6. 果物の栄養基礎知識

  7. ひょっとこの語源・由来

TOP