如才ないの語源・由来

如才は本来「如在」と書くが、「在」の漢音が「さい」であることから、誤って「如才」と書くようになった。
如在は、『論語』の「祭如在、祭神如神在(祭ることいますが如くし、神を祭ること神いますが如くす)」に由来し、眼前に神や主君がいるかのように、謹みかしこまることをいった。
これが「形ばかりの敬意」「形式的」という意味に誤用され、「如才(如在)」は「手抜かりがある」「なおざりにする」という意味になった。
この「如才」を「無い」で否定した語が「如才ない」で、手抜かりがないという意味となる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. なますの語源・由来

  2. ダリアの種類

  3. 御幣担ぎの語源・由来

  4. はばかるの意味・類語・言い換え

  5. フィアンセの語源・由来

  6. ミイラ取りがミイラになるの意味・類語・言い換え

  7. ロードの語源・由来

  8. 太鼓持ちの意味・類語・言い換え

  9. 張本人の意味・類語・言い換え

  10. 負けず嫌いの「ず」の意味

  1. おとりの意味・類語・言い換え

  2. てこずるの意味・類語・言い換え

  3. 筈の意味・類語・言い換え

  4. 「延期」「順延」「延長」の違い

  5. 藤岡市の意味・シンボル

  6. お猪口の語源・由来

  7. ポチ袋の語源・由来

  8. 高崎市の語源・由来

  9. きんつばの語源・由来

  10. 正鵠を射るの語源・由来

人気記事

  1. 札付きの語源・由来

  2. 好色の語源・由来

  3. じゃんけんの語源・由来

  4. 「天気」「天候」「気候」「気象」の違い

  5. 厚沢部町の語源・由来

  6. 新潟県の語源・由来

  7. 生半可の語源・由来

TOP