如才ないの語源・由来

如才は本来「如在」と書くが、「在」の漢音が「さい」であることから、誤って「如才」と書くようになった。
如在は、『論語』の「祭如在、祭神如神在(祭ることいますが如くし、神を祭ること神いますが如くす)」に由来し、眼前に神や主君がいるかのように、謹みかしこまることをいった。
これが「形ばかりの敬意」「形式的」という意味に誤用され、「如才(如在)」は「手抜かりがある」「なおざりにする」という意味になった。
この「如才」を「無い」で否定した語が「如才ない」で、手抜かりがないという意味となる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 気の毒の語源・由来

  2. クッキー(菓子)の語源・由来

  3. 奈良県の市町村名一覧

  4. 挙げ句の果ての語源・由来

  5. ちゃんこ鍋の語源・由来

  6. 金魚の種類

  7. ひげの語源・由来

  8. ロボットの語源・由来

  9. カボチャとパンプキンの違い

  10. ハイカラの語源・由来

  1. 天命の意味・類語・言い換え

  2. 木っ端の火の意味・類語・言い換え

  3. 京都府の語源・由来

  4. よもやま話の語源・由来

  5. グレるの意味・類語・言い換え

  6. 白河夜船の意味・類語・言い換え

  7. えぐいの意味・類語・言い換え

  8. 第二人称の意味・類語・言い換え

  9. 覚えるの語源・由来

  10. 暑いと熱いの違い・使い分け

人気記事

  1. かいわれ大根と大根の違い

  2. BSとCSの違い

  3. 違法と不法と非合法と脱法の違い

  4. 「せわしい」と「せわしない」が同じ意味になる理由

  5. 牛乳と加工乳と乳飲料の違い

  6. 土偶と埴輪の違い

  7. 関西と近畿と京阪神の違い

TOP