マグニチュードの語源・由来

マグニチュードは、1935年にアメリカの地震学者チャールズ・リヒター(リクターとも呼ぶ)が定義したもので、「リヒター・スケール」ともいう。
英語の「magnitude」は、「大きさ」を意味するラテン語「magnus」に、性質・状態の抽象名詞をつくる「tude」がついた語。
マグニチュードには「恒星の光度」「光度による等級」の意味があり、幼少期のリヒターは天文学に関心があったことから、地震の規模に「magnitude(マグニチュード)」を採用したといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 小春日和の語源・由来

  2. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  3. なぜ人間だけが言葉を話せるのか

  4. 岡山市の語源・由来

  5. フルートの種類

  6. 色男の語源・由来

  7. サバを読むの意味・類語・言い換え

  8. 運勢の意味・類語・言い換え

  9. ガンの語源・由来

  10. タピオカの意味・別名・類語

  1. 同居の意味・類語・言い換え

  2. 多治見市の語源・由来

  3. ギャグの語源・由来

  4. 鮒の語源・由来

  5. イタドリの語源・由来

  6. アーモンドの栄養基礎知識

  7. ごまをするの語源・由来

  8. ヤマカガシの意味・別名・類語

  9. ウインナーの意味・類語・言い換え

  10. オリンピックの意味・別名・類語

人気記事

  1. ヘイケボタルの語源・由来

  2. フルートの語源・由来

  3. 処女の語源・由来

  4. ちょろいの語源・由来

  5. 上前をはねるの語源・由来

  6. テントの語源・由来

  7. 「歌手」「声楽家」「シンガー」の違い

TOP