マグニチュードの語源・由来

マグニチュードは、1935年にアメリカの地震学者チャールズ・リヒター(リクターとも呼ぶ)が定義したもので、「リヒター・スケール」ともいう。
英語の「magnitude」は、「大きさ」を意味するラテン語「magnus」に、性質・状態の抽象名詞をつくる「tude」がついた語。
マグニチュードには「恒星の光度」「光度による等級」の意味があり、幼少期のリヒターは天文学に関心があったことから、地震の規模に「magnitude(マグニチュード)」を採用したといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 次郎柿の意味・別名・類語

  2. おっぱいの意味・類語・言い換え

  3. パーティーの語源・由来

  4. 元日の語源・由来

  5. 内股膏薬の語源・由来

  6. つくば市の語源・由来

  7. 「餅」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 郡山市の意味・シンボル

  9. プロパガンダの語源・由来

  10. しゃぶしゃぶの語源・由来

  1. ボランティアの語源・由来

  2. 「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」の違い

  3. プロパガンダの語源・由来

  4. 侍の語源・由来

  5. 月毎の意味・類語・言い換え

  6. カリスマの語源・由来

  7. 「大きい」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  9. 一世風靡の語源・由来

  10. バナナの意味・別名・類語

人気記事

  1. サルビアの語源・由来

  2. 一緒くたの語源・由来

  3. ねぶたの語源・由来

  4. テンペラの語源・由来

  5. 「忖度」と「斟酌」の違い

  6. たたみいわしの語源・由来

  7. ガツの語源・由来

TOP