結構の語源・由来

漢語の「結構」は、建造物の構造や文章の構成など、組み立てや構成を意味する名詞である。
これが日本に入り、「計画」「目論見」「支度」「準備」を意味する名詞として用いられるようになった。
さらに、その準備や計画に対して「立派だ」「よろしい」と評価する用法が生まれ、結構は「丁寧だ」「人柄が良い」といった意味でも使われるようになった。
断りの言葉として用いる「もう結構です」は、近代以降に見られる表現で、「十分満足しているから、これ以上必要ない」といったニュアンスから生まれたもの。
「結構おいしい」「結構楽しい」などと用いる副詞は、「十分とは言えないが、思っていたよりも良い(満足できる)」の意味からである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. バカとアホの違い

  2. あなごの意味・別名・類語

  3. 木偶の坊の意味・類語・言い換え

  4. 荒いと粗いの違い・使い分け

  5. ロハの意味・類語・言い換え

  6. 人間関係の意味・類語・言い換え

  7. 党紀の意味・類語・言い換え

  8. 昔の語源・由来

  9. 眉の語源・由来

  10. ハモの語源・由来

  1. 古いの語源・由来

  2. 食材の意味・類語・言い換え

  3. 半畳を入れるの語源・由来

  4. モチベーションの意味・類語・言い換え

  5. ハイブリッドカーとエコカーの違い

  6. 鏡開きの意味・類語・言い換え

  7. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

  8. あんぽんたんの語源・由来

  9. がんもどきの栄養基礎知識

  10. 板につくの語源・由来

人気記事

  1. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  2. 野菜と蔬菜の違い

  3. 力士と関取の違い

  4. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  5. カロリーゼロとカロリーオフの違い

  6. ねぶたとねぷたの違い

  7. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

TOP