ふんぞり返るの語源・由来

ふんぞり返るの「ふん」は、「ふみ(踏み)」が撥音便化した語で、「踏ん張る」という意味。
「ぞり」は「そる(反る)」が連濁したもので、上体を後ろの方へ曲げる意味。
「返る」は、踏ん張り反る動作の「ふんぞる(踏ん反る)」を強調したものである。
ふんぞり返るは、上体を後ろへ反らすことをいう語だが、そのような姿勢は偉そうな態度をとっているように見えることから、威張った態度についても言うようになった。
現代では、その姿勢よりも、尊大な態度をとる意味で「ふんぞり返る」を使うことが多い。

出典:語源由来辞典

TOP