摂氏の語源・由来

摂氏の「摂」は人名の頭文字。
摂氏温度は、1742年にスウェーデンの天文学者アンデルス・セルシウスが考案したもので、「セルシウス度」や「セルシウス温度」とも呼ばれている。
セルシウスの中国音訳「摂爾思」から、「摂氏(温度)」となった。
カタカナでは、「セ氏(温度)」と表記する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 米寿の語源・由来

  2. ミノの意味・別名・類語

  3. タイツの意味・類語・言い換え

  4. 健闘の意味・類語・言い換え

  5. 萎えるの語源・由来

  6. サイコロの語源・由来

  7. 尼崎市の意味・シンボル

  8. テッポウユリの語源・由来

  9. 捺印の意味・類語・言い換え

  10. 廊下の語源・由来

  1. ござの語源・由来

  2. ルイボスの語源・由来

  3. 「魚」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. よこしまの語源・由来

  5. 「標高」と「海抜」の違い

  6. 仮名の意味・類語・言い換え

  7. ワスレナグサの語源・由来

  8. バナナの種類

  9. 鳥取県の市町村名一覧

  10. パンダの意味・別名・類語

人気記事

  1. ウニの栄養基礎知識

  2. チョークの語源・由来

  3. 丁稚の語源・由来

  4. みかじめ料の語源・由来

  5. ガキの語源・由来

  6. 「整形外科」「形成外科」「美容外科」の違い

  7. K点の語源・由来

TOP