有卦に入るの語源・由来

有卦に入るの「有卦」とは、陰陽道で、人の生まれた年の干支に基づいた幸運の年回りのこと。
有卦の吉年は7年続き、無卦(不運の年回り)の凶年は5年続くという。
有卦の年回りに当たる意味から、幸運が続くことを「有卦に入る」と言うようになった。
「入る」の読みは「いる」で、「はいる」とは読まない。

出典:有卦に入る – 語源由来辞典

「有卦」とは、陰陽道で幸運が七年間続くという年回りのこと。
その後五年間続く凶年は、「無掛」という。
ありそうもない幸運が続くの意で、すべての物事がうまくいくこと。

出典:有卦に入る – 故事ことわざ辞典

TOP