有卦に入るの語源・由来

有卦に入るの「有卦」とは、陰陽道で、人の生まれた年の干支に基づいた幸運の年回りのこと。
有卦の吉年は7年続き、無卦(不運の年回り)の凶年は5年続くという。
有卦の年回りに当たる意味から、幸運が続くことを「有卦に入る」と言うようになった。
「入る」の読みは「いる」で、「はいる」とは読まない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. お造りの語源・由来

  2. 三枚目の語源・由来

  3. 鍋の種類

  4. くだを巻くの語源・由来

  5. ソムリエの語源・由来

  6. 時計の語源・由来

  7. テキ屋の語源・由来

  8. ピンキリの意味・類語・言い換え

  9. アメリカの意味・別名・類語

  10. 中部地方と東海地方と東海三県と中京圏の違い

  1. ザクロの意味・別名・類語

  2. 二番煎じの語源・由来

  3. 皇寿の意味・類語・言い換え

  4. 水無月(和菓子)の意味・別名・類語

  5. コウモリの意味・別名・類語

  6. ウィンナーコーヒーの語源・由来

  7. のっぴきならないの意味・類語・言い換え

  8. 耳たぶの語源・由来

  9. 地下足袋の語源・由来

  10. アカメガシワの意味・別名・類語

人気記事

  1. 緑茶と紅茶と烏龍茶の違い

  2. ジーンズの小さいポケットは何のためにあるか

  3. 科学と化学の違い・使い分け

  4. 海藻と海草の違い

  5. 荒いと粗いの違い・使い分け

  6. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  7. 対象と対照と対称の違い・使い分け

TOP