有卦に入るの語源・由来

有卦に入るの「有卦」とは、陰陽道で、人の生まれた年の干支に基づいた幸運の年回りのこと。
有卦の吉年は7年続き、無卦(不運の年回り)の凶年は5年続くという。
有卦の年回りに当たる意味から、幸運が続くことを「有卦に入る」と言うようになった。
「入る」の読みは「いる」で、「はいる」とは読まない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. バジルの栄養基礎知識

  2. 東海市の語源・由来

  3. 体の意味・類語・言い換え

  4. あどけないの意味・類語・言い換え

  5. 川寿の意味・類語・言い換え

  6. 仏の語源・由来

  7. ヅラの意味・類語・言い換え

  8. 「海藻」と「海草」の違い

  9. とろろ昆布とおぼろ昆布の違いは名前だけ?種類についても解説

  10. 稚内市の語源・由来

  1. 杉の意味・類語・言い換え

  2. うわばみの意味・類語・言い換え

  3. 責任転嫁の語源・由来

  4. 案の定の語源・由来

  5. 唯々諾々の意味・類語・言い換え

  6. ハウンドの語源・由来

  7. ビー玉の意味・別名・類語

  8. 「時」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  10. カンパの語源・由来

人気記事

  1. ユッケの語源・由来

  2. 「一人」と「独り」の違い

  3. 「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」の違い

  4. 「上演」と「公演」の違い

  5. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」の違い

  6. 「日本酒」と「焼酎」の違い

  7. 大御所の語源・由来

TOP