狐の嫁入りの語源・由来

元々、狐の嫁入りは、夜、遠くの山野に狐火がいくつも連なって、狐が嫁入り行列する提灯のように見えるもののことを言った。
この狐火は、狐が口から吐き出す、奇怪な青白い火として恐れられていた俗信である。
日照り雨を「狐の嫁入り」と言うようになったのは、日が照っているのに雨がぱらつくことは考えられず、狐火の異様な怪しさにたとえた表現である。
ちなみに、狐火と思われていた青白い火は、実際は雨上がりなどに土の中のリン化水素が自然発光したものであった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. エスケープの語源・由来

  2. 山形県の語源・由来

  3. テクニックの語源・由来

  4. セルライトの語源・由来

  5. 「ゴルフクラブ」と「カントリークラブ」の違い

  6. 飛兎竜文の語源・由来

  7. まなこの意味・類語・言い換え

  8. 「OCR」と「OMR」の違い

  9. 年の名の意味・類語・言い換え

  10. おきゃんの語源・由来

  1. えんがわ(魚)の語源・由来

  2. 富山県の語源・由来

  3. 尊いの意味・類語・言い換え

  4. 「つくね」と「つみれ」の違い

  5. こめかみの語源・由来

  6. 「餃子の王将」「大阪王将」「餃子の王さま」の違い

  7. 練馬区の語源・由来

  8. 演説の語源・由来

  9. うな重の意味・別名・類語

  10. 青魚の種類

人気記事

  1. 蕁麻疹の語源・由来

  2. すったもんだの語源・由来

  3. サンチュの栄養基礎知識

  4. 桔梗の語源・由来

  5. 「姑息」と「卑怯」の違い

  6. 「雑草」と「野草」の違い

  7. 狡兎死して走狗烹らるの語源・由来

TOP