狐の嫁入りの語源・由来

元々、狐の嫁入りは、夜、遠くの山野に狐火がいくつも連なって、狐が嫁入り行列する提灯のように見えるもののことを言った。
この狐火は、狐が口から吐き出す、奇怪な青白い火として恐れられていた俗信である。
日照り雨を「狐の嫁入り」と言うようになったのは、日が照っているのに雨がぱらつくことは考えられず、狐火の異様な怪しさにたとえた表現である。
ちなみに、狐火と思われていた青白い火は、実際は雨上がりなどに土の中のリン化水素が自然発光したものであった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「使用」と「利用」の違い

  2. 定石(定跡)の語源・由来

  3. 群馬県の市町村名一覧

  4. 圧力釜の意味・類語・言い換え

  5. ディスるの意味・類語・言い換え

  6. ホオズキの意味・別名・類語

  7. 同棲の意味・類語・言い換え

  8. ライチの栄養基礎知識

  9. 棚卸しの語源・由来

  10. 「屁」と「おなら」の違い

  1. お払い箱の意味・類語・言い換え

  2. 要の語源・由来

  3. としよりの福祉週間の意味・類語・言い換え

  4. ギアラの語源・由来

  5. モチベーションの意味・類語・言い換え

  6. しもた屋の語源・由来

  7. 「代議士」と「国会議員」の違い

  8. すっぽかすの語源・由来

  9. 立ち往生の意味・類語・言い換え

  10. 土用の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. まぶたの語源・由来

  2. はんなりの語源・由来

  3. ブルーチーズの栄養基礎知識

  4. 乙の語源・由来

  5. 「お辞儀」と「会釈」の違い

  6. 富山市の語源・由来

  7. 北九州市の語源・由来

TOP