取り越し苦労の語源・由来

取り越し苦労は、江戸後期から使用例が見られる語。
「取り越し」は、期日より前に行う意味の動詞「取り越す」の名詞形。
期日を繰り上げて物事を行うには、先のことを考えていなければならないことから、「取り越す」は「先のことをあれこれ考える」「予測する」という意味も持つようになり、確実に起きるかどうかわからない先の事を、あれこれ悪い方に考えることは無駄な心配となるため、「取り越し苦労」というようになった。

出典:語源由来辞典

TOP