口実の語源・由来

漢語で「口実」は、口の中に満ちることを意味する。
口の中に満ちるものには「飲食物」と「言葉」があり、日本では「言葉(言い草)」の意味として平安時代から使われるようになった。
明治時代以降、中身のない言葉に無理に実を込めようとするところから、「口実」は言い訳や言い掛かりの材料を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

TOP