造詣が深いの語源・由来

造詣の「造」は、「ある所まで届く」「いたる」の意味を表す。
「詣」も「高い所まで行き着く」「いたる」の意味がある。
この二字を組み合わせた「造詣」は、「ある所に達する」の意味から、学問や技芸が高い水準に達していることを表すようになった。
「造詣」のみで深く達しいていることを表すが、その分野についての知識や理解の意味と解釈されたものか、「深い」を伴って「造詣が深い」と使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. あだ名の語源・由来

  2. 完全菜食主義者の「ヴィーガン」に不足しがちな栄養素とは

  3. 舞茸の栄養基礎知識

  4. 送ると贈るの違い・使い分け

  5. カラスの種類

  6. 温泉と鉱泉の違い

  7. テロップの語源・由来

  8. しんがりの語源・由来

  9. 仏頂面の語源・由来

  10. 手前味噌の語源・由来

  1. ヤグルマギクの意味・別名・類語

  2. 徳島県の語源・由来

  3. ひまわりの意味・別名・類語

  4. 香菜の意味・別名・類語

  5. 鼎の軽重を問うの意味

  6. 馬の語源・由来

  7. コアラの語源・由来

  8. 商品と製品の違い・使い分け

  9. 事典の意味・類語・言い換え

  10. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

人気記事

  1. フィナンシェとマドレーヌの違い

  2. 焼くと炒めると炒るの違い

  3. 効くと利くの違い・使い分け

  4. 押さえると抑えるの違い・使い分け

  5. タクシーとハイヤーの違い

  6. 手段と方法の違い・使い分け

  7. 戦略と戦術の違い

TOP