造詣が深いの語源・由来

造詣の「造」は、「ある所まで届く」「いたる」の意味を表す。
「詣」も「高い所まで行き着く」「いたる」の意味がある。
この二字を組み合わせた「造詣」は、「ある所に達する」の意味から、学問や技芸が高い水準に達していることを表すようになった。
「造詣」のみで深く達しいていることを表すが、その分野についての知識や理解の意味と解釈されたものか、「深い」を伴って「造詣が深い」と使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 引っ越しの語源・由来

  2. 木の意味・類語・言い換え

  3. 加茂市の意味・別名・シンボル

  4. ウスターソースの種類

  5. ほうれん草の語源・由来

  6. 湯船の語源・由来

  7. うずらの語源・由来

  8. ホタルの種類

  9. コックピットの語源・由来

  10. あけぼのの意味・類語・言い換え

  1. 千秋楽の意味・類語・言い換え

  2. よもぎの語源・由来

  3. Februaryの意味・異名・類語

  4. 雀寿司の語源・由来

  5. 図星の語源・由来

  6. 「熱い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. シクラメンの語源・由来

  8. 核心の意味

  9. カリブーの意味・別名・類語

  10. 「広報」「公報」「弘報」の違い

人気記事

  1. うたた寝の語源・由来

  2. 「ラーメン」「中華そば」「支那そば」の違い

  3. どんちゃん騒ぎの語源・由来

  4. 西東京市の語源・由来

  5. アヒルの語源・由来

  6. 一枚看板の語源・由来

  7. 柿の栄養基礎知識

TOP