目鼻がつくの語源・由来

肖像画を描いたり、人形を作ったりする際、顔の中心にある目や鼻をつけると全体が整い、完成後のイメージがわかるようになる。
そこから、大体の見通しがつくことを「目鼻がつく」と言うようになった。
「明らかになる」の意味から、古くは「目鼻が明く(あく)」とも言った。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ビール腹の意味・類語・言い換え

  2. キャンドルの語源・由来

  3. 無病息災の意味・類語・言い換え

  4. 「お菓子」と「駄菓子」の違い

  5. 今年の語源・由来

  6. まなこの語源・由来

  7. いぼの語源・由来

  8. 金平糖の語源・由来

  9. 跋扈の語源・由来

  10. 「煩わしい」「面倒」「厄介」の違い

  1. 「長い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 香具師の意味・類語・言い換え

  3. 桑の語源・由来

  4. 「御社」と「貴社」の違い

  5. 堂に入るの語源・由来

  6. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  7. 「毛」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 一世風靡の意味・類語・言い換え

  9. ピーコートの語源・由来

  10. シダレヤナギの意味・別名・類語

人気記事

  1. 加茂市の語源・由来

  2. 夜船の語源・由来

  3. マンネリの語源・由来

  4. 「精進」と「邁進」の違い

  5. ビビるの語源・由来

  6. イチイの語源・由来

  7. 「習字」と「書道」の違い

TOP