チェロの語源・由来

チェロは英語「cello」からの外来語で、イタリア語の「violoncello」に由来する。
現在のコントラバスの元となった「violone(ヴィオローネ)」という楽器があり、「小さな」を意味する接尾辞の「cello」が付き、「小さなヴィオローネ」という意味で「violoncello」となった。
「violoncello」が英語に入った際、前半が略されて「cello」となり、日本にもこの形で伝わったことから「チェロ」と呼ばれるようになった。
なお、「violone」は「viola(ヴィオラ)」に「大きな」を意味する接尾辞「one」がついた語で、「大きなヴィオラ」を意味するため、「violoncello」を直訳すると「小さな大きなヴィオラ」となる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. イルカの語源・由来

  2. 雪隠詰めの語源・由来

  3. サラブレッドの語源・由来

  4. バナナの栄養基礎知識

  5. コンサートの語源・由来

  6. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  7. 水と油の語源・由来

  8. コンロの語源・由来

  9. 沢山の語源・由来

  10. 陽炎の語源・由来

  1. うわばみの語源・由来

  2. おせち料理の意味・別名・類語

  3. 十八番の語源・由来

  4. パウンドケーキの語源・由来

  5. アキレス腱の語源・由来

  6. すき焼きの語源・由来

  7. 人魚姫の意味・別名・類語

  8. コアラの語源・由来

  9. おけらになるの語源・由来

  10. ビーフストロガノフの語源・由来

人気記事

  1. 彗星と流星の違い

  2. ねぶたとねぷたの違い

  3. 見ると見つめると眺めるの違いの違い・使い分け

  4. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  5. 団扇(うちわ)と扇子(せんす)の違い

  6. ボウリングのピンが9本から10本になった理由

  7. 若干と弱冠の違い

TOP