嵩にかかるの語源・由来

嵩にかかるの「嵩(かさ)」は、物の分量や大きさを表す語で、「かさばる」の「かさ」などと同じ。
「かかる」は、「もたれかかる」や「よりかかる」の意味から、ここでは「すがる」「頼りにする」を表す。
鎌倉時代、多さや大きさに頼る意味から、勢力の大きさに頼って敵を攻める意味で用いられるようになった。
嵩にかかるが、威圧的・高圧的な態度に出ることを表すようになったのは江戸時代からで、優勢な立場であることから派生した用法である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. アウトレットの語源・由来

  2. フクロウの語源・由来

  3. アヒルの種類

  4. カワヤナギの語源・由来

  5. 鈴なりの意味・類語・言い換え

  6. そうめんの意味・別名・類語

  7. マムシの語源・由来

  8. 加筆の意味・類語・言い換え

  9. ギフトの語源・由来

  10. 「予言」と「預言」の違い

  1. メジャーリーグの意味

  2. 「さける」と「よける」の違い

  3. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  4. ツバキの意味・別名・類語

  5. 涼暮月の語源・由来

  6. イカナゴの語源・由来

  7. ミズバショウの語源・由来

  8. ままかりの語源・由来

  9. イクラの意味・別名・類語

  10. 「スパークリングワイン」「シャンパン」「シャンメリー」の違い

人気記事

  1. 「海老」と「蝦」の違い

  2. シルエットの語源・由来

  3. かるたの語源・由来

  4. 「御霊前」と「御仏前」の違い

  5. 泥棒の語源・由来

  6. 紅花の語源・由来

  7. カンカン帽の語源・由来

TOP