鬼の霍乱の語源・由来

鬼の霍乱「霍乱」は、もがいて手を振り回す意味の「揮霍撩乱(きかくりょうらん)」の略。
日射病や暑気あたり、江戸時代には夏に起こる激しい吐き気や下痢を伴う急性の病気を「霍乱」と言った。
いつもは健康で強くて丈夫な人を「鬼」、珍しく病気になることを「霍乱(急性かつ苦しむ病気)」にたとえ、「鬼の霍乱」というようになった。

出典:語源由来辞典

TOP