紋切り型の語源・由来

紋切り型は、文字通り、紋を切り抜くための型を指した語。
近世頃から、「決まりきったやり方」を言うようになった。
古くは「型通り」の意味しかなく、悪い意味に限られた言葉ではなかったが、時代が下がるにつれ、融通が利かないといったニュアンスを含んで用いられる事が多くなった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. はちみつの栄養基礎知識

  2. 二枚目の語源・由来

  3. 家の語源・由来

  4. ジンベイザメの語源・由来

  5. 大垣市の語源・由来

  6. アオリイカの語源・由来

  7. 発見と発明の違い

  8. フクロウの語源・由来

  9. 抗菌と除菌と殺菌と滅菌と消毒の違い

  10. オボコの語源・由来

  1. 卯(卯年)の語源・由来

  2. キセルの語源・由来

  3. 座敷の語源・由来

  4. うなぎの意味・別名・類語

  5. ブートレグの語源・由来

  6. 青田売りの語源・由来

  7. 足を洗うの語源・由来

  8. しっぽの語源・由来

  9. 緑寿の語源・由来

  10. 津波の語源・由来

人気記事

  1. なぜ人間だけが言葉を話せるのか

  2. 初めと始めの違い・使い分け

  3. アシカとアザラシとセイウチの違い

  4. せんべいとあられとおかきの違い

  5. 戦争と紛争と内戦の違い

  6. 整理と整頓の違い

  7. 土偶と埴輪の違い

TOP