とかくの語源・由来

とかくの「と」は、「あのように」「そのように」を意味する副詞。
「かく」も「斯くして」などと使う副詞で、「このように」「こう」を意味する。
この二つの副詞が一語となった「とかく」は、「あれやこれや」の意味で中古から使われ始めた。
中世以降、「(あれこれあるが)いずれにせよ」の意味が生じ、さらに「ややもすれば」「何はさておき」などの用法が生まれた。

とかくの漢字「兎角」は、音からの当て字で、現実に存在しないもののたとえとして使われる「兎角亀毛(亀毛兎角)」の「兎角」だが、意味の上では関係がない。
とかくの意味から当てた漢字には、「左右」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 富嶽の意味・別名・類語

  2. いたちごっこの語源・由来

  3. ワッフルの種類

  4. 貴社の意味・類語・言い換え

  5. けじめの語源・由来

  6. ウスターソースの語源・由来

  7. しんがりの意味・類語・言い換え

  8. ポタージュの語源・由来

  9. うざい(うざったい)の語源・由来

  10. 懸命の意味・類語・言い換え

  1. 赤富士の意味・別名・類語

  2. 野菜の意味・別名・類語

  3. 風邪の意味・別名・類語

  4. 亥の意味・類語・言い換え

  5. セゾンの意味・類語・言い換え

  6. コノシロの語源・由来

  7. ぎこちないの語源・由来

  8. ファイナンスの語源・由来

  9. うどの栄養基礎知識

  10. 一辺倒の語源・由来

人気記事

  1. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  2. 根本的と抜本的の違い

  3. 盛り蕎麦とざる蕎麦とせいろ蕎麦の違い

  4. 戦争と紛争と内戦の違い

  5. サービスエリアとパーキングエリアの違い

  6. おしることぜんざいの違い

  7. 市販薬と処方薬の違い

TOP