胡乱の語源・由来

胡乱は室町時代に禅宗を通して日本に入った漢語で、「胡(う)」「乱(ろん)」ともに唐音である。
モンゴル高原で活躍した遊牧騎馬民族「匈奴(きょうど)」を「胡(えびす)」と言い、胡が中国を攻撃した時、住民が慌てふためき乱れたという故事から、「胡乱」の語が生じたといわれる。
また、「胡」の一字で「不審」の意味があり、秩序がない意味の「乱」をつけて「胡乱」になったとする説もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クリスマスツリーの意味・別名・類語

  2. 社畜の意味・類語・言い換え

  3. 万愚節の意味・類語・言い換え

  4. 惣菜の意味・類語・言い換え

  5. 医薬品と医薬部外品と化粧品の違い

  6. 娘の語源・由来

  7. 超ド級の意味・類語・言い換え

  8. 肥満の意味・類語・言い換え

  9. 音楽の語源・由来

  10. 鬼籍に入るの意味・類語・言い換え

  1. 尻馬に乗るの意味・類語・言い換え

  2. おっぱいの語源・由来

  3. 修正と訂正の違い・使い分け

  4. 神父と牧師の違い

  5. 真面目の語源・由来

  6. 首相と内閣総理大臣と総裁の違い

  7. 夫の語源・由来

  8. ねじとボルトとビスと釘の違い

  9. 落花生の意味・別名・類語

  10. 姑息の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 手段と方法の違い・使い分け

  2. 歳と才の違い

  3. 長いと永いの違い・使い分け

  4. 温泉と鉱泉の違い

  5. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  6. 海老と蝦の違い

  7. 上白糖とグラニュー糖と三温糖の違い

TOP