胡乱の語源・由来

胡乱は室町時代に禅宗を通して日本に入った漢語で、「胡(う)」「乱(ろん)」ともに唐音である。
モンゴル高原で活躍した遊牧騎馬民族「匈奴(きょうど)」を「胡(えびす)」と言い、胡が中国を攻撃した時、住民が慌てふためき乱れたという故事から、「胡乱」の語が生じたといわれる。
また、「胡」の一字で「不審」の意味があり、秩序がない意味の「乱」をつけて「胡乱」になったとする説もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 絵に描いた餅の語源・由来

  2. 観賞の意味・類語・言い換え

  3. 雰囲気の意味・類語・言い換え

  4. ラッキーセブンの語源・由来

  5. 二の腕の意味・別名・類語

  6. 未曾有の語源・由来

  7. あわよくばの語源・由来

  8. カルビの語源・由来

  9. オオルリの意味・別名・類語

  10. 棒棒鶏の意味・似た料理

  1. 煎茶の栄養基礎知識

  2. 寅の意味・類語・言い換え

  3. 「うなじ」「襟足」「首筋」の違い

  4. 黒幕の意味・類語・言い換え

  5. 「表す」「現す」「顕す」「著す」の違い

  6. ニリンソウの意味・別名・類語

  7. 「顔」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 「弁済」と「返済」の違い

  9. 東雲の語源・由来

  10. いちじくの語源・由来

人気記事

  1. 「カフェ」と「喫茶店」の違い

  2. はちまきの語源・由来

  3. 花咲ガニの語源・由来

  4. 「古本」と「古書」の違い

  5. 「ポッキー」と「プリッツ」の違い

  6. ハマユウの語源・由来

  7. 「砂」と「土」の違い

TOP