サフランの語源・由来

サフランは、オランダ語「saffraan」からの外来語で、「黄色」を意味するアラビア語「zaʻfarān」に由来する。
英語では「saffron」、フランス語とドイツ語は「safran」で、いずれもオランダ語の「saffraan」と同源。
日本には江戸中期に渡来し、薬用植物として栽培された。
サフランの漢字は当て字で「咱夫藍」と書く。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 尊いの語源・由来

  2. ズボンの意味・類語・言い換え

  3. 笑止の語源・由来

  4. 世界の意味・類語・言い換え

  5. キャラクターの語源・由来

  6. 頭と顔の境目はどこか

  7. ピンハネの語源・由来

  8. じゃれるの語源・由来

  9. 日の丸の旗の意味・類語・言い換え

  10. 猪豚肉の栄養基礎知識

  1. ずんだ餅の意味・別名・類語

  2. はちみつとメープルシロップの違い!カロリーや糖質などの栄養素、危険性や保存方法の違いまで

  3. カフェオレの語源・由来

  4. 数の子の語源・由来

  5. 百万長者の意味・類語・言い換え

  6. トド(アシカ科)の意味・別名・類語

  7. 年の瀬の意味・類語・言い換え

  8. ハッスルの語源・由来

  9. パフェの種類

  10. つまりの語源・由来

人気記事

  1. カタログとパンフレットとリーフレットの違い

  2. テロとゲリラとクーデターの違い

  3. ATMとCD(キャッシュディスペンサー)の違い

  4. お辞儀と会釈の違い

  5. 関東雛と京雛の違い

  6. 許可と認可の違い・使い分け

  7. フィナンシェとマドレーヌの違い

TOP