サフランの語源・由来

サフランは、オランダ語「saffraan」からの外来語で、「黄色」を意味するアラビア語「zaʻfarān」に由来する。
英語では「saffron」、フランス語とドイツ語は「safran」で、いずれもオランダ語の「saffraan」と同源。
日本には江戸中期に渡来し、薬用植物として栽培された。
サフランの漢字は当て字で「咱夫藍」と書く。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クロワッサンの種類

  2. ドルの語源・由来

  3. もどかしいの語源・由来

  4. 観念の語源・由来

  5. 嘘八百の意味・類語・言い換え

  6. 青魚の種類

  7. バズるの意味・類語・言い換え

  8. ストロベリーの意味・別名・類語

  9. 伊勢海老の語源・由来

  10. てんてこまいの意味・類語・言い換え

  1. ランドセルの語源・由来

  2. 金柑頭の語源・由来

  3. 路地の語源・由来

  4. 秋田県の意味・シンボル

  5. 牡丹餅の意味・別名・類語

  6. 不甲斐ないの語源・由来

  7. 山形県の市町村名一覧

  8. 格好の語源・由来

  9. 配慮の意味・類語・言い換え

  10. 松本市の語源・由来

人気記事

  1. 領袖の語源・由来

  2. ただいまの語源・由来

  3. 「記入」「記載」「記述」の違い

  4. 「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

  5. 「芸能人」「タレント」「有名人」の違い

  6. ガツの語源・由来

  7. 帰国子女の語源・由来

TOP