栄養の語源・由来

648年に編纂された『晋書』では、栄養が「孝養(親に孝を尽くすこと)」「衣食住」の意味で用いられていた。
これが「栄養」の初出となるが、現在意味する「栄養」と直接の繋がりはない。
中国の医書『脾胃論』では、身体を滋養する意味で「営養」の表記が用いられるようになった。
これが日本にも伝わり、明治から大正にかけては「営養」が多く用いられたが、1918~20年頃から「栄養」が一般的となった。
「営養」から「栄養」への転換は、栄養学の創始者である佐伯矩が「栄養」に統一するよう提言したことによる。

栄養の語源には、漢民族が生命を繋いでいくために必要なタンパク質を摂るために、羊を食べていたことに由来するというものもある。
これは、栄養の漢字を分解して、「栄」は「繁栄」や「発展」の意味。「養」を「羊を食べる」と解釈したものである。
しかし、上記のとおり、「えいよう」の語が先にあり、のちに日本で「栄養」の字を使うよう決められたもので、羊のタンパク質と栄養の語源は一切関係ない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 黒幕の語源・由来

  2. ツツジの語源・由来

  3. ジャージの語源・由来

  4. 辞典と事典と字典の違い

  5. チェリーボーイの語源・由来

  6. 生かすと活かすの違い・使い分け

  7. 青田刈りの語源・由来

  8. 北九州市の語源・由来

  9. ハイキングとピクニックと遠足の違い

  10. 無茶苦茶の語源・由来

  1. サインの意味・類語・言い換え

  2. しその栄養基礎知識

  3. つむじの語源・由来

  4. モグラの種類

  5. 温泉と鉱泉の違い

  6. オリーブの栄養基礎知識

  7. ZERO(ゼロ)と零(れい)の違い

  8. 取締役と役員と執行役員の違い

  9. お辞儀の語源・由来

  10. 処女の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  2. アナウンサーとキャスターとリポーターの違い

  3. 宿命と運命の違い

  4. 医薬品と医薬部外品と化粧品の違い

  5. 赤鬼と青鬼と黄鬼と緑鬼と黒鬼の違い

  6. 越えると超えるの違い・使い分け

  7. 絞ると搾るの違い・使い分け

TOP