太鼓判を押すの語源・由来

太鼓判とは、太鼓のように大きい印判のこと。
転じて、確実であるという保証を意味するようになった。
印判の大きさを強調するために「太鼓」が使われたのは、江戸時代以前に甲州で作られた一分金の「太鼓判」が影響したといわれる。
この一分金は、丸形で周りに小さな丸印が装飾され、太鼓の皮留めに似ていることから「太鼓判」といった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. シクラメンの語源・由来

  2. 嘯くの語源・由来

  3. 柿の種類

  4. 蕁麻疹の語源・由来

  5. 靴下の語源・由来

  6. 鏡の意味・類語・言い換え

  7. 狂うの語源・由来

  8. 踏ん切りの語源・由来

  9. 坩堝の語源・由来

  10. セージの語源・由来

  1. うどんの種類

  2. シジュウカラの意味・別名・類語

  3. カレイの意味・別名・類語

  4. 元日の意味・類語・言い換え

  5. まぶたの語源・由来

  6. 一生懸命の意味・類語・言い換え

  7. 「耐震」「免震」「制震」「制振」の違い

  8. 熨斗の語源・由来

  9. おいどの語源・由来

  10. 淘汰の語源・由来

人気記事

  1. バターの栄養基礎知識

  2. サンドイッチの語源・由来

  3. マグロの語源・由来

  4. 「市販薬」と「処方薬」の違い

  5. 冷奴の語源・由来

  6. ちゅうちゅうたこかいなの語源・由来

  7. 熨斗の語源・由来

TOP