会議の語源・由来

会議は、中国の『史記』にも見える漢語。
「会食」や「会談」などと同じ語構成で、文字通り、「会して(集まって)議する(意見を出し合う)」の意味。
日本では、江戸時代中期からわずかに例が見える程度で、広く使われる言葉ではなかった。
「会議」の語が一般に普及したのは、明治元年(1868年)の『五箇条の御誓文』で「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ」と使われてからである。
明治12年(1879年)の『読売新聞』には、「近ごろは頻りに会議流行(はやり)で何でも会議会議と」などと書かれている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. けしかけるの語源・由来

  2. 「方言」と「訛り」の違い

  3. しもた屋の語源・由来

  4. 大仙市の語源・由来

  5. 賢いの意味・類語・言い換え

  6. アキレス腱の意味・別名・類語

  7. 勘当の語源・由来

  8. 「竹」と「笹」の違い

  9. 「敬老の日」と「老人の日」の違い

  10. クロワッサンの意味・別名・類語

  1. ひやむぎの語源・由来

  2. 踊り場の意味・類語・関連語

  3. 賞与の意味・類語・言い換え

  4. 土用の丑の意味・類語・言い換え

  5. 脇役の語源・由来

  6. 「ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」「チャイ」の違い

  7. 「科学」と「化学」の違い

  8. キセルの意味・類語・言い換え

  9. フクロウの種類

  10. 印を押すの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. タチイヌノフグリの語源・由来

  2. ヌスビトハギの語源・由来

  3. ゴシップの語源・由来

  4. 臥薪嘗胆の語源・由来

  5. かたいの語源・由来

  6. 納戸の意味・別名・類語

  7. 「対応」と「応対」の違い

TOP