真髄の語源・由来

真髄は、「精神」と「骨髄」からできた語。
精神は思考や感情、気力をつかさどる心であり、「憲法の精神」というように物事の最も根本となるものを意味する。
骨髄は骨の中心にある組織だが、心の中や心底を意味するほか、最も重要な点・本質を意味する。
語源から分かるとおり、元々の漢字表記は「神髄」である。
しかし、「真」には「本当」の意味があることから、「真髄」と書かれるようになり、現代では主に「真髄」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ありがとうの語源・由来

  2. 関市の語源・由来

  3. 「目」と「眼」の違い

  4. チャボの語源・由来

  5. オキナグサの語源・由来

  6. へっちゃらの意味・類語・言い換え

  7. 「元日」「元旦」「正月」の違い

  8. ポストの語源・由来

  9. 馬耳東風の語源・由来

  10. 毎月の意味・類語・言い換え

  1. ミズバショウの意味・別名・類語

  2. 西尾市の語源・由来

  3. 補筆の意味・類語・言い換え

  4. ラッパの語源・由来

  5. 波止場の意味・類語・言い換え

  6. かまいたちの意味・別名・類語

  7. クリスマスツリーの由来

  8. 呂律が回らないの語源・由来

  9. 「伺う」と「窺う」の違い

  10. 「日本酒」と「焼酎」の違い

人気記事

  1. コックピットの語源・由来

  2. 気が置けないの語源・由来

  3. 福岡県の語源・由来

  4. 牙城の語源・由来

  5. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」の違い

  6. ジンギスカンの語源・由来

  7. 夜なべの語源・由来

TOP