真髄の語源・由来

真髄は、「精神」と「骨髄」からできた語。
精神は思考や感情、気力をつかさどる心であり、「憲法の精神」というように物事の最も根本となるものを意味する。
骨髄は骨の中心にある組織だが、心の中や心底を意味するほか、最も重要な点・本質を意味する。
語源から分かるとおり、元々の漢字表記は「神髄」である。
しかし、「真」には「本当」の意味があることから、「真髄」と書かれるようになり、現代では主に「真髄」が使われるようになった。

出典:真髄 – 語源由来辞典

TOP

Warning: Undefined array key "single_news_show_sns_top" in /home/allguide/all-guide.com/public_html/wp-content/themes/muum_tcd085/footer.php on line 267

Warning: Undefined array key "single_news_show_sns_btm" in /home/allguide/all-guide.com/public_html/wp-content/themes/muum_tcd085/footer.php on line 267