手当ての語源・由来

手当ての「手」は、「手が足りない」という際の「人手」のこと。
「当て」は「充当」の意味で、何か事をなすときに人手を当てることから、手当ては「準備」や「処置」の意味で用いられるようになった。
手当ての語源には、病気やけがをした際、患部に手を当てて治療したことからといった俗説が通説となっている。
しかし、この語に「処置」の意味があるから、病気やけがの治療の意味でも用いられるようになったのであり、手を当てる治療法を語源とするのは間違いである。
報酬やチップなど金品の意味で「手当」が用いられるのも、労働などの対価として処置するという意味からで、この意味では江戸後期から使われている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 留意の意味・類語・言い換え

  2. 鯛の意味・別名・類語

  3. ライチの栄養基礎知識

  4. PRの語源・由来

  5. 安堵の語源・由来

  6. ヤマカガシの語源・由来

  7. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

  8. ファイナンスの意味・類語・言い換え

  9. 合鴨の意味・別名・類語

  10. 「卓球」と「ピンポン」の違い

  1. 「売る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. カルパッチョの語源・由来

  3. コノシロの語源・由来

  4. 三隣亡の意味・類語・言い換え

  5. あなごの栄養基礎知識

  6. ごぼう抜きの語源・由来

  7. ホタルの意味・別名・類語

  8. 菜盛花の意味・別名・類語

  9. 「友情出演」と「特別出演」の違い

  10. エゴマの語源・由来

人気記事

  1. 未亡人の語源・由来

  2. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の違い

  3. 前頭の語源・由来

  4. 水商売の語源・由来

  5. かろうじての語源・由来

  6. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い

  7. 合口の語源・由来

TOP