あらましの語源・由来

あらましは、動詞「あり(有り・在り)」に推量の助動詞「まし」が付いた語。
本来は「希望」や「願い」などを意味した言葉で、中世前期頃から意味が変化し、「予想」や「予定」を表すようになった。
こうあってほしいという希望や期待、予定のことは「あらましごと」という。
あらましが「概略」の意味で用いられるようになったのは中世末頃からで、予定というのは確実なものではなく、大雑把にしか言えないところからと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. いたいけの語源・由来

  2. 顔役の語源・由来

  3. タールとニコチンの違い

  4. 最近と近頃とこの頃と昨今の違い・使い分け

  5. 福島県の語源・由来

  6. 束の間の語源・由来

  7. エニシダの語源・由来

  8. 高いの語源・由来

  9. 丁字路(T字路)の語源・由来

  10. 富有柿の語源・由来

  1. 騰貴の意味・類語・言い換え

  2. シジュウカラの種類

  3. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

  4. 画竜点睛を欠くの語源・由来

  5. 寒天の語源・由来

  6. 卓上カレンダーの意味・別名・類語

  7. 案外と意外と存外と思いの外の違い・使い分け

  8. せがれの語源・由来

  9. 噴飯ものの意味・類語・言い換え

  10. ナスの種類

人気記事

  1. タピオカは第一次ブーム以前から使っているアレの原材料だった

  2. 平和と和平の違い

  3. 大学と大学校の違い

  4. 戦略と戦術の違い

  5. テロとゲリラとクーデターの違い

  6. 恐ろしいと怖いとおっかないの違い

  7. 若干と弱冠の違い

TOP