あらましの語源・由来

あらましは、動詞「あり(有り・在り)」に推量の助動詞「まし」が付いた語。
本来は「希望」や「願い」などを意味した言葉で、中世前期頃から意味が変化し、「予想」や「予定」を表すようになった。
こうあってほしいという希望や期待、予定のことは「あらましごと」という。
あらましが「概略」の意味で用いられるようになったのは中世末頃からで、予定というのは確実なものではなく、大雑把にしか言えないところからと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハットトリックの語源・由来

  2. 「口」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 「手段」と「方法」の違い

  4. 手探りの意味・類語・言い換え

  5. 植毛の意味・類語・言い換え

  6. 髪の語源・由来

  7. 「尾」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 湯葉の語源・由来

  9. リアス式海岸の語源・由来

  10. 居丈高の語源・由来

  1. 火中の栗を拾うの語源・由来

  2. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

  3. 矢も盾もたまらないの語源・由来

  4. 賢明の意味

  5. 伯備の意味

  6. ピエロの語源・由来

  7. 利息の意味・類語・言い換え

  8. デブの語源・由来

  9. ドクエの語源・由来

  10. マシュマロの語源・由来

人気記事

  1. 「観賞」と「鑑賞」の違い

  2. マッポの語源・由来

  3. 独り相撲の語源・由来

  4. バッテラの語源・由来

  5. かいわれ大根の栄養基礎知識

  6. 面白いの語源・由来

  7. ゼラチンの語源・由来

TOP