あらましの語源・由来

あらましは、動詞「あり(有り・在り)」に推量の助動詞「まし」が付いた語。
本来は「希望」や「願い」などを意味した言葉で、中世前期頃から意味が変化し、「予想」や「予定」を表すようになった。
こうあってほしいという希望や期待、予定のことは「あらましごと」という。
あらましが「概略」の意味で用いられるようになったのは中世末頃からで、予定というのは確実なものではなく、大雑把にしか言えないところからと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. レンコンに穴があいている理由と穴の数

  2. 所沢市の意味・シンボル

  3. バストの意味・類語・言い換え

  4. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  5. 破魔矢の語源・由来

  6. アルファルファの意味・別名・類語

  7. ブランコの種類

  8. トリビアの語源・由来

  9. 奈良県の語源・由来

  10. 牧師の意味・類語・言い換え

  1. 「暗い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 蛍雪の功の意味・類語・言い換え

  3. オシロイバナの語源・由来

  4. コンロの語源・由来

  5. オープン価格の意味・類語・言い換え

  6. ワインの意味・別名・類語

  7. 寒天の種類

  8. 時機の意味・類語・言い換え

  9. セントバーナードの語源・由来

  10. 自然の語源・由来

人気記事

  1. 牛乳の栄養基礎知識

  2. 「陶器」と「磁器」の違い

  3. 「上る」「登る」「昇る」の違い

  4. 金柑頭の語源・由来

  5. ダリアの語源・由来

  6. 極楽とんぼの語源・由来

  7. シクラメンの語源・由来

TOP