随分の語源・由来

随分は「分(ぶん)に随う(したがう)」、つまり「身分相応」の意味で用いられた言葉であった。
そこから派生して、「分に応じてできる限り」「極力」の意味にもなり、「かなり」や「はなはだ」といった意味も持つようになった。
明治時代になると、「非常に」「はなはだ」の意味から「ひどい」の意味も生じ、随分は良くも悪くも程度が超えたさまを表す言葉となった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. はさみの語源・由来

  2. 天邪鬼の意味・類語・言い換え

  3. 我利我利亡者の意味・類語・言い換え

  4. 山形県の語源・由来

  5. 縁側の語源・由来

  6. 胡乱の語源・由来

  7. 青森県の市町村名一覧

  8. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  9. 老婆心の意味・類語・言い換え

  10. なかんずくの意味・類語・言い換え

  1. 田尻町の語源・由来

  2. 鰯の頭も信心からの意味・類語・言い換え

  3. 色をなすの意味・類語・言い換え

  4. 水入らずの語源・由来

  5. 鹿児島市の語源・由来

  6. テッポウユリの意味・別名・類語

  7. 一本立ちの意味・類語・言い換え

  8. 会社の意味・類語・言い換え

  9. 圧巻の意味・類語・言い換え

  10. 市川市の語源・由来

人気記事

  1. 「シロサイ」と「クロサイ」の違い

  2. 「羽」と「羽根」の違い

  3. 「明く」「開く」「空く」の違い

  4. イワナの語源・由来

  5. 経済の語源・由来

  6. 歌舞伎の語源・由来

  7. もったいないの語源・由来

TOP