火中の栗を拾うの語源・由来

火中の栗を拾うというたとえは、17世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌが、『イソップ物語』を基にした「猿と猫(Le singe et le chat)」寓話に由来する。
その寓話とは、猿におだてられた猫が、囲炉裏の中の栗を拾ったが、猫は大やけどしただけで、栗は猿に食べられてしまったという話である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 金輪際の語源・由来

  2. 文披月の語源・由来

  3. シカの語源・由来

  4. 矛盾の語源・由来

  5. よすがの語源・由来

  6. ぶどうの栄養基礎知識

  7. 緑茶の栄養基礎知識

  8. にきびの語源・由来

  9. 人魚の数え方と鬼の数え方の違い

  10. コスモス(植物)の語源・由来

  1. 角隠しの語源・由来

  2. 弁慶の泣き所の語源・由来

  3. 府中町の語源・由来

  4. 節分の語源・由来

  5. 市松模様の語源・由来

  6. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  7. はんこを押すの意味・類語・言い換え

  8. トマトの種類

  9. ウスターソースの意味・別名・類語

  10. ウイスキーの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  2. 空と宇宙の境界はどこか

  3. 夢と希望の違い・使い分け

  4. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  5. 早いと速いの違い

  6. 計ると測ると量るの違い・使い分け

  7. 有ると在ると或るの違い・使い分け

TOP