火中の栗を拾うの語源・由来

火中の栗を拾うというたとえは、17世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌが、『イソップ物語』を基にした「猿と猫(Le singe et le chat)」寓話に由来する。
その寓話とは、猿におだてられた猫が、囲炉裏の中の栗を拾ったが、猫は大やけどしただけで、栗は猿に食べられてしまったという話である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ツツジの種類

  2. 挙げ句の果ての語源・由来

  3. 大安の意味・類語・言い換え

  4. 夏の意味・類語・言い換え

  5. サツキの語源・由来

  6. ぶりっ子の語源・由来

  7. 部屋の語源・由来

  8. タイマンの意味・類語・言い換え

  9. 野菜の意味・別名・類語

  10. 嫌味の語源・由来

  1. アルバイトの意味・類語・言い換え

  2. 卯の意味・類語・言い換え

  3. 一緒くたの意味・類語・言い換え

  4. 海抜の意味・類語・言い換え

  5. 旭川市の意味・シンボル

  6. 久留米市の語源・由来

  7. シャクナゲの種類

  8. 奇貨居くべしの意味

  9. ワレモコウの種類

  10. みかじめ料の語源・由来

人気記事

  1. 「コンサート」と「リサイタル」の違い

  2. 「年」と「歳」の違い

  3. ソメイヨシノの語源・由来

  4. パスタの語源・由来

  5. バラ肉の語源・由来

  6. 「夢」と「希望」の違い

  7. 金輪際の語源・由来

TOP