及び腰の語源・由来

及び腰の「及び」は、「達する」「届く」といった意味の動詞「及ぶ」の連用形。
離れたところにある物を取ろうとする(届かせようとする)と、手足を伸ばして腰を浮かせた不安定な姿勢になることから、そのような腰つきを「及び腰」と言った。
元々は姿勢についてのみいった言葉だが、自信のない時にとる姿勢であることや、不安定な状態の意味から、自信なさげな態度や心理状態についても「及び腰」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 打ち合わせの意味・類語・言い換え

  2. 女川町の意味・シンボル

  3. 「定規」と「ものさし」の違い

  4. おかかの語源・由来

  5. 赤富士の意味・別名・類語

  6. ピンハネの語源・由来

  7. アマダイの語源・由来

  8. 「怒る」と「叱る」の違い

  9. 厄介の語源・由来

  10. 牛耳るの意味・類語・言い換え

  1. 「在宅ワーク」と「内職」の違い

  2. 三つ葉の語源・由来

  3. オリーブオイルの栄養基礎知識

  4. 已己巳己の意味・類語・言い換え

  5. シロツメクサの語源・由来

  6. 気さくの語源・由来

  7. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  8. 発達の意味

  9. ひつまぶしの意味・別名・類語

  10. 富嶽の意味・別名・類語

人気記事

  1. 「ねぶた」と「ねぷた」の違い

  2. ハマグリの語源・由来

  3. 「性格」と「性質」の違い

  4. 「目」「まなこ」「瞳」の違い

  5. 油断の語源・由来

  6. 「ちょくちょく」「しばしば」「度々」の違い

  7. タトゥーの語源・由来

TOP