あんずの語源・由来

あんずは、中国語名「杏子」の唐音読み。
中国では、「杏」は木の名前、「子」は実を表す。
日本へあんずが渡来したのは大和時代といわれ、905年の『古今和歌集』には「カラモモ(唐桃)」の名で出てくる。
漢方ではあんずの種子を「杏仁(きょうにん)」といい、咳止め薬の原料とする。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. カランの語源・由来

  2. 檄を飛ばすの語源・由来

  3. 部屋の語源・由来

  4. 花残り月の意味・異名・類語

  5. ミヤギノハギの意味・別名・類語

  6. 甘いの語源・由来

  7. なますの語源・由来

  8. ふてぶてしいの意味・類語・言い換え

  9. ハトの種類

  10. 「炒り卵」と「スクランブルエッグ」の違い

  1. 風呂吹き大根の語源・由来

  2. 自然の意味・類語・言い換え

  3. 鬼の語源・由来

  4. オムニバスの語源・由来

  5. はたちの意味・類語・言い換え

  6. ゼラチンの語源・由来

  7. 赤ワインの栄養基礎知識

  8. スパムの語源・由来

  9. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  10. 踏ん切りの語源・由来

人気記事

  1. 胴元の語源・由来

  2. 坩堝の語源・由来

  3. ごちそうさまの語源・由来

  4. 納豆の栄養基礎知識

  5. 入れ墨(刺青)の語源・由来

  6. キャンプの語源・由来

  7. 「押さえる」と「抑える」の違い

TOP