エストラゴンの語源・由来

エストラゴンは、フランス語「estragon」からの外来語で、「小さな竜」を意味する。
エストラゴンが「小さな竜」に由来するのは、竜の舌に似た細長い葉や、ヘビがとぐろを巻いたように螺旋状にねじれた根から付いたとする説と、毒蛇にかまれた際の毒消しとして用いたことからという説がある。
毒蛇にかまれた際の消毒からであれば、「小さな竜」と名付けられるのは不自然なため、エストラゴンの形状が名前の由来と考えるのが妥当であろう。

出典:語源由来辞典

TOP