つみれの語源・由来

つみれは、練った生地をスプーンなどで摘み取って汁に入れることからの名で、「つみいれ(摘み入れ)」が変化した語である。
そのため、つみれを漢字では「摘入」と表記する。
魚肉を使ったものを「つみれ」、鶏肉や豚肉などを使ったものを「つくね」などと、材料で分類されることがある。
しかし、つみれにイワシやアジなどの魚肉を用いることが多いため、このような分類がされるだけである。
同じ作り方をしたものであれば、鶏肉を用いても「つみれ」と呼ぶ。

出典:つみれ – 語源由来辞典

TOP