子(子年)の語源・由来

『漢書 律暦志』では、「子」は「増える」を意味する「孳(し)」で、植物が子孫を増やそうと成長しはじめる種子の状態を表すと解釈されている。
この「子」を「ネズミ」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものである。
神様が十二支の動物を決める際、一番に門前に辿り着いた牛の上に乗っていたネズミが飛び降り、一番になったことからや、人間に身近な猫が干支に入っていないのは、ネズミに騙されたからという話があるが、これは十二支に動物が割り振られた後に作られたもので由来ではない。
また、「ネズミ」になったのは、インドの十二宮を支配する十二獣で十二神将にも冠される動物の順からともいわれるが、十二獣が十二支から決められたとするのが一般的な解釈である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. のべつ幕なしの語源・由来

  2. アンブレラの語源・由来

  3. 天気の意味・類語・言い換え

  4. コスモス(植物)の語源・由来

  5. アルタイルの語源・由来

  6. 令辰の意味・類語・言い換え

  7. セレブの語源・由来

  8. つまりの語源・由来

  9. プラトニックの語源・由来

  10. 猪豚肉の栄養基礎知識

  1. ブランコの意味・別名・類語

  2. 初社の意味・類語・言い換え

  3. 人形の語源・由来

  4. 付け焼き刃の語源・由来

  5. 都合の語源・由来

  6. 菜種梅雨の意味・類語・言い換え

  7. 「知恵」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. スパの種類

  9. 文京区の語源・由来

  10. ヒヤシンスの語源・由来

人気記事

  1. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」の違い

  2. 「皮」と「革」の違い

  3. アジ(マアジ)の栄養基礎知識

  4. わくわくの語源・由来

  5. セージの語源・由来

  6. 「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違い

  7. 犬兎の争いの語源・由来

TOP