汝の語源・由来

なんじは、「な(汝)」に「むち(貴)」が付いた「なむち」が変化した語。
「な」は自分を指す語であるが、ここでは目下や親しい人に対して用いる二人称代名詞で、「むち」は貴い者を表す。
本来は、相手に尊敬の意を含んで用いられていたと思われるが、中世には対等かそれ以下の者に対して用いられている。

漢字の「汝」が「水」+「女」なのは、元々、河南省の嵩県から淮水に流れる「汝水(ジョスイ)」という川の名前だからである。
それが「なんじ」という人称代名詞の漢字になったのは、「ニョ」や「ジョ」など、昔の二人称代名詞の音に近い発音を持つことから当てられたものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ヘリコプターの種類

  2. かわりばんこの語源・由来

  3. コエンドロの語源・由来

  4. ポストの語源・由来

  5. 血と皿の漢字が似ている理由

  6. けんちん汁の語源・由来

  7. 横領の語源・由来

  8. 徳利とお銚子の違い

  9. 天ぷらの語源・由来

  10. 福岡県の語源・由来

  1. ミヤギノハギの意味・別名・類語

  2. New Yearの意味・類語・言い換え

  3. わかるの語源・由来

  4. 瑜伽の意味・類語・言い換え

  5. ブルの意味・類語・言い換え

  6. ピンハネの語源・由来

  7. ししおどしの語源・由来

  8. カッターシャツの語源・由来

  9. やきとりと焼き鳥の違い

  10. かまをかけるの語源・由来

人気記事

  1. ひねるとねじるとよじるの違い・使い分け

  2. 絶対と絶体の違い・使い分け

  3. 晦日と大晦日の違い

  4. イモリとヤモリとトカゲとカナヘビの違い

  5. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  6. 対応と応対の違い

  7. 利率と利回りの違い

TOP